政治広告改革のための国際的枠組み

Deutsch, Français, Español, Português, Norskعربى, 中文, 日本人, По-русски, Italiana, SvenskaRomână

私たちは昨年の5月、政治広告改革連合を始めました。私たちが知る限り、当時、政治広告改革の計画はありませんでした。それ以来、私たちのキャンペーンは急速に発展してきました。私たちの目標の初期の支持者は英国の広告業界団体ISBAでした。以来、私たちは広告業界の他の多くの組織、企業、市民、広告業界以外の非営利団体から支持を得ています。

2019年2月、英国政府のDisinformation&“ Fake News” Inquiryは、私たちが政治的広告改革のために提唱してきた目標のいくつかを支持して、誤報に取り組むための強力な勧告を発表しました。諮問委員長のダミアン・コリンズ氏も、昨年9月、広告業界に対し、私たちのすべての目標を支持する政治広告規範を募集しました。

もちろん、世界中で、デジタル成熟度の高い民主主義というまったく同じ問題に直面しています。政治広告改革は現在さまざまな国で議論されており、私たちは同じ考えを持つ組織が英国以外の国でロビー活動を希望する場合に備え、整備した主要原則を共有したいと思いました。

このリストは決して網羅的なものではありません。4点計画をまとめる際、議論が困難であった分野をターゲットにしてキャンペーンの弾みをつけたいと思いましたが、これも最大の影響をもたらします。こちらから、英国のDisinformation&Fake News Inquiryレポートの政治広告改革のための他の提案をご覧いただくことができます。

私たちの意図するところは、海外で私たちが英国で運営しているのと同様のキャンペーンを展開することではありません。私たちは全体的な枠組みを、時間の経過とともに発展する可能性のある、発展するべき出発点として共有しており、現地の規制や問題に適応させる必要があるかもしれません。

政治広告改革連合は非営利団体であり、枠組みやそのコンテンツの使用権を所有することを望んでいません。他のデジタル成熟度の高い国々における改革の緊急の出発点としてこれらの考えを共有しています。それらについて話し合う、または自国で同様のキャンペーンを設定する方法に関する助言を求めるために連絡を希望される場合、alex.tait @ reformpoliticaladvertising.orgにお問い合わせください

私たちが信じる改革は、すべてのデジタル成熟度の高い民主主義に共通しているはずだと信じています。

1 /すべての有料の政治広告が一般に公開されるよう立法化する。

各広告がいつ掲載されたか、誰がターゲットにしたか、およびどれだけの費用が費やされたかに関する情報を含む、オンライン政治広告の検索可能なリポジトリを開発する必要があります。政治広告作品が規制当局の許可を必要としない場合でも、それが説明責任を持ち、明確であり、誰もが見ることができるよう、すべての政治広告作品を一般公開するための一覧表を作成する要件をもつ必要があります。リポジトリは、広告業界や政党とは関係なく運営、管理されるべきです。

FacebookとGoogleはすでに自社の合意の変更を行っており、それは称賛に値します。しかし単なるプラットフォーム特有の解決策よりもむしろ業界全体の基準が必要です。

2 /オンライン広告の出所を示すために強制的にインプリントまたは透かしを入れる。英国では、登録された政党および選挙運動団体は、現在、法律によって、広告の責任を誰が担っているかを明確にするハードコピーの選挙資料にインプリント(透かし)を含めることを義務付けられています。

しかし、デジタル通信にはそのような要件はありません。

ほとんどの人がデジタル政治広告を作成して広めることができることを考えると、何が「正式」で、何が熱心な支持者によって投稿されているかを知ることは、有権者が出くわした政治的メッセージを受け取る重要度を判断する上でますます重要になってきています。デジタルインプリントの要件は、これを実現するための1つの方法です。

私たちが信じる改革は英国にとって正しいことであり、皆さんが自国のために考慮すべきであると私たちは信じています。

3 /政治広告で使用されている客観的な事実上の主張をすべて立証することを義務付ける

あるキャンペーンが、明らかに客観的かつ定量化可能な主張をその政治広告に記載したい場合、その主張は正確で独立した精査に耐え得るものである必要があります。

私たちは、希望に満ちた約束の終結を求めたり、反対派は何がやりかねないことについて不安に陥れたりしているのではなく、何かを事実として位置づけたいのであれば、一般市民はそれが事実であるということに確信をもつ権利があることを述べているにすぎません。

英国では、すでに誤解を招くような主張について、すべてのテレビおよびVODの消費者向け広告に対するBCAPおよびCAPの広告規範を通した事前承認手続きが行われています。私たちは、英国にとって、このプロセスは客観的事実の政治的主張にも適用されるべきであると信じています。

4 /政治広告を規制するための機関を創設する

政治広告の内容を監督するための機関が必要です。英国にはこれに関する規制はなく、その事実が最近の多くの問題の主な原因となっています。

英国議会は、選挙管理委員会、広告基準局、またはOfcomの選挙管理委員会のいずれかの任務を延長することによって、または代替機関を設立することによって解決することができます。

上記4点は、5月に開始した4点計画です。ただし、以下の分野でも早急な検討が必要です。

ターゲティング

英国では、Disinformation&Fake News Inquiryが、政治運動における個人情報の使用を強調した「行動規範」を推奨し、政治運動の目的で個人データを処理するすべてのデータ管理者は、主たる法律を根拠とすべきであるとしています。

私たちは次の原則も重要だと考えています

1. 規制について議論するときは、DCMSレポートにあるように、デジタルに焦点を当てることがわかりやすいことがよくあります。政治広告の規制が、私たちが今住んでいるデジタルの世界に合わせて最新のものにされる必要があることは間違いありません。ただし、事実上の主張の規制を例にとると、デジタルだけでなく、すべてのメディアに適用する必要があります。

2. 同様に、Facebookにはプライバシー問題のニュース報道が広範囲に及んでいるため、改革を必要としているとしてそのプラットフォームを選び出す方に心がそそられるかもしれません。Facebookは明らかに非常に重要な当事者ですが、デジタルマーケティングのエコシステムは複雑です。マーケティングに携わる人なら誰でも証言するからです。ソーシャルプラットフォームは重要ですが、情報漏えいや偽のニュースに効果的に対抗するためには、デジタルマーケティングエコシステム全体をカバーするための最新の規制が必要です。

3. 私たちは、広告主は、私たちが現在住んでいる細分化されたメディア環境の中で消費者とのすべての接触点を考慮に入れる「カスタマージャーニー」という観点から自分たちのコミュニケーションを一層注視していることを付け加えています。英国の観点から、私たちは「いかなる携帯の規制がそれぞれのメディアに適用され、現在のアプローチの相違が妥当であるかどうかを検討するため、印刷、放送、オンラインメディアを横断して政治広告の規制を検討されるべき」国民投票に関する独立委員会に同意します。例えば、有料広告だけでなく、Webサイト、ブログ、電子メールなどの企業の管理下にあるすべての通信チャネルであるマーケティング担当者が「オウンドメディア」、または様々な編集上の影響から生じる宣伝としての「アーンドメディア」と呼ぶものにも考慮する必要があります。

アレックス&ベネディクト

 

 

 

Leave a Reply